English

 我々の研究室では、物質の示す多彩な性質とそれらの発現機構を、量子力学と統計力学に基づいた現代的な理論手法を駆使して解き明かすことを目的とした研究を行っています。特に興味をもって研究しているのは、固体中を運動する電子が主役を演じる様々な相転移やそれにまつわる新奇な物性です。実際のモノに密接に関わる研究から、これらの多彩な性質に対する統一的で普遍的な理解を得ることが研究の目標です。
 意欲的な学生が当研究室を進学先として志望されることを強く期待しています。研究内容に少しでも興味のある方は研究室を気軽に見学に来てください。電話やe-mailでの問い合わせも歓迎です。
強相関系の理論物質科学 - 新規量子現象の解明と創出
 主な研究対象
  • 物質:強相関電子系 (遷移金属化合物, 希土類化合物, 分子性導体, ...), 表面・界面, ナノ構造, ...
  • 現象:電子相関, 金属絶縁体転移, 磁性, 臨界現象, 量子揺らぎ, 電荷・スピン・軌道の自由度, 幾何学的フラストレーション, スピン液体, トポロジー, 自己組織化, ダイナミクス, ...
 主な研究テーマ
  • 電子のもつ電荷・スピン・軌道の自由度の競合と協調による多彩な現象
  • 電子相関とスピン軌道相互作用の協奏による新しい量子現象
  • フラストレーションや特異なトポロジーがもたらす奇妙な物性
  • 強い揺らぎのもとで現れる高次の自由度・高次の相関, それらに伴う新しい励起構造・ダイナミクス
  • 表面・界面, 乱れが絡んだナノスケールの新しい現象
  • 新しい数値計算アルゴリズムの開発や改良, etc.
 できごと
  • 11/7-10に東京大学物性研究所にて行われるInternational Symposium on Frontiers of Quantum Transport in Nano Scienceにおいて,PDの岡田健さんがポスター発表を行います.
  • JST CREST トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出において、「トポロジカル機能界面の創出」(研究代表者:塚崎 敦教授 (東北大学))がスタートしました.主たる共同研究者として求教授が参加しています.
  • 物理工学特別輪講の打ち上げを行いました.(10/22)
  • 11/12, 13に東京大学物性研究所にて行われるISSPワークショップ「スピン軌道強結合伝導系におけるサイエンスの新展開」において求教授が講演を行います.
  • 10/31-11/2に京都大学基礎物理学研究所にて行われる基研研究会「スピン系物理の最前線」において,D2の張成燻君と助教の加藤康之さんが口頭講演,D3の杉田悠介君,D2のピョートルミシェンコ君とD1の奥村駿君がポスター講演を行います.
  • 10/11(木)に行われた物理工学特別輪講成果発表会において,大野瑞貴君が2018物理工学特別輪講Poster Awardを受賞しました.
  • 4年生の物理工学特別輪講として大野瑞貴君が取り組んできた研究課題「ブリージングパイロクロア系の磁性と電気磁気効果」について,10/11(木) 17時からセミナー室A, Dにて成果発表会が行われます.
  • 研究室OBの速水賢さん(北大理)と求教授の共著論文の図がPhysical Review Lettersの表紙(Cover image)に選ばれました.(9/28)
  • 研究室OBの速水賢さん(北大理)と求教授の共著論文がPhysical Review Lettersに出版されました.(9/27)
  • Workshop on Spin-orbit Coupled Topological States(10/1-5, APCTP Pohang, Korea)において求教授が招待講演を行います.
  • PDの岡田健さん,D2のミシェンコピョートル君とD1の奥村駿君が国際シンポジウム3rd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS)(9/20-21)においてポスター発表を行います.
  • 東工大理の那須譲治さん,助教の加藤康之さん,理研の紙屋佳知さんと求教授の共著論文がPhysical Review Bに出版されました.(8/31)
  • ポスドクの高嶋梨菜さんの送別会を行いました.(8/27)

〒 113-8656 文京区本郷 7-3-1 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻
TEL/FAX:03-5841-6817 (内線:26817)

研究室は東京大学本郷キャンパス内の工学部6号館2階にあります (求教授室:225号室)